2017年05月17日

サンスターの美白成分、リノレックSの原料って!

先日からトライアルセットを使っているサントリーの美白スキンケア、
ホワイトロジーシリーズですが、敏感肌の私でも気持ちよく使えています。
DSC06631.JPG
美白だけでなくて、保湿もしっかりしてくれるようで、肌の調子もいいみたい。昼間のかさつきなども気になりません。

美白のほうは、数日使ったぐらいでは効果はわからないかもしれませんが、ホワイトロジーエッセンスやクリームを適量取り出すときに、左の手の甲に出して使って、顔にのせてのばしたあとは、手の甲にもすりこむようにしていました。
今ふと手の甲を見たら、左と右で様子が違って、明らかに左の方が白いし、しっとりしています(^^♪

今夜のスキンケアタイムから、右の手の甲にもぬってみよう〜♪

美白化粧品はたくさん出ているし、美白成分も日本では今20種類以上あるそうですが、
ホワイトロジーシリーズで使われている美白成分は、サントリーが独自に開発された
リノレックSが配合されているのが特徴だそうです。

リノレックS、と聞いてもピンとこないのですけど、説明を読んでいたら、ベニバナが原料なんだそうです。

ベニバナって、染料になるような気がしていて、美白とはなんか意外です( ゚Д゚)

ベニバナから抽出された脂肪酸の一種なんだそうですが、開発には18年もかかったそうですから、大変な研究ですね〜。
リノレックSは、シミのもととなる酵素の分解を促進して、メラニンの生成をくいとめてくれるのだそう。
漢方薬とか、昔から植物の成分は活用されてきたわけだけれど、ほんとに、植物の力ってすごいんだな、と感心しました。

リノレックSが肌に働きかける仕組みなど、詳しくは、サンスターのサイトをご覧くださいね。
   ↓↓↓





posted by lemontea at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スキンケア・トライアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック